学校紹介

HOME > 学校紹介| URSURA sprit5【小学校課程】 家庭との連携教育

家庭との連携教育

常に子ども・保護者・教諭のトライアングルの教育 を目指し、それぞれの話し合いを大切にした連携教育を行っています。

PTAバザー

児童・生徒総会

小・中学校の教職員が同じ職員室であらゆる事案で連携し合っています

Concept

パワーアッププランが生きる基本的生活習慣の育成

本校は入学時に「パワーアッププラン」を保護者の皆様に配布し、家庭での生活・学習はどのようにいていけばよいのか、その具体的なプランをお示しし、情報の提供をしてきました。

ご家庭でこのプランを実践していただくことで、生活リズムや学習習慣を身に付けていくことができ、基本的生活習慣を育成していくことができると考えています。

こうして、パワーアッププランは、家庭と学校が連携を取り合い家庭教育と学校教育のズレを無くし、家庭生活も学校生活もリズムよく、よりよい習慣となっていくように考えたものです。

やるぞ、のばすぞ、がんばるぞ!

ページトップに戻る

家庭学習帳コンクールの導入

本校は、「宿題はするのが当たり前、でも、宿題だけでは学力は身に付かない」という考えのもと、宿題で終わらない学校としてアピールし、実践を進めてきました。そこで、家庭学習計画帳(自主学習計画帳)を持たせ、毎日振り返り、目標をたてて自分で学習を進めていける児童・生徒に育ててきました。

今では、1年から9年生までのほとんどの児童・生徒が、家庭学習を行っています。そこで、年に3回、家庭学習帳コンクールを行ない努力賞を発行して励ましてきました。家庭学習のリズムが身についてきた児童・生徒は、見事に学力の向上が見られ、さらに学習意欲が持続でき、自信を持って毎日の生活を送っています。

ページトップに戻る

自校式給食

本校の給食は、校内の給食室で調理されています。いつでも温かな、栄養価の高い給食を食べることができます。

行事にあわせた献立や、郷土料理を取り入れた献立があり、食べることを通じて、季節や文化を学んでいます。

また、マナーや命の大切さ、お食事をいただけることへの感謝の気持ちを養います。

栄養士 渡辺 沙織

本校の給食の食材は、安全に配慮し、産地を厳選して、美味しく栄養のあるものを取り寄せています。心身ともに大きく成長するこの時期、児童のみなさんが、望ましい食習慣を身につけることができるように、心掛けています。

本校では「食育」の一環として、学校の一角に緑の菜園を学年ごとに設けています。

児童・生徒が自ら栽培に関わる過程において、旬を知り、レシピを考え、栄養や健康に目覚めていきます。

食に対する自覚と力が引き出されています。

ページトップに戻る

放課後活動

放課後学習

各クラス担任の下、それぞれの習熟度に応じて、
学習した内容の補修や、発展学習を行います。

そろばん教室(希望者のみ)

脳科学に基づいた方法で、そろばんを通し計算力、
集中力、判断力などを養います。

図工教室(希望者のみ)

工作や絵画など、それぞれの児童の興味・能力に応じて、
創作活動を行います。
構想から制作まで、自分で考えて、作りたいものを具体化していく応用力を育みます。

英語課外(週1回)
●パソコン英語(1~4年)

読み書きや、英会話など、パソコンを使って英語の総合力を育みます。

●Extensive Reading(5~6年) 

音声を聴きながら年間100冊の絵本の読破を目指し、良質の絵本をたくさん読むことで、読解力と語彙力、表現力を育みます。

英智光クラブ(学童保育)

英智光クラブは、F1~F4年生を対象とした学童保育です。
働くお父さま、お母さまのために、夕方6時20分まで児童をお預かりいたます。

・学習指導・自由遊び・おやつ・クッキング・運動 など

そろばん教室

英智光クラブ(クッキング)

パソコン英語

英智光クラブ担当 橘 みゆき

光クラブでは、宿題を含めた学習指導、おやつ、教室・講堂・グリーン広場を使用した自由遊びの時間を設けています。家庭に代わる生活の場としてアットホームな雰囲気の中、子どもたちが放課後を安全に楽しく過ごせるよう、サポートしていきます。

進路について

ページトップに戻る
Copyright © 聖ウルスラ学院英智小・中学校 All rights reserved.